プロボノコーディネーターの役割

NPOとプロボノワーカーをつなぐ役割を担うのが、プロボノコーディネーターです。地域のNPO団体が抱える漠然とした課題やこれから取り組んでいきたいと考えていることなどをコミュニケーションの中から引き出してクリアにすると同時に、その課題の解決や目標の実現に向けてピッタリのプロボノワーカーチームをNPOに派遣します。 プロボノワーカーに対しては、プロボノとして活動していだけるようひとりひとりの得意分野や経験を把握しながら、プロボノワーカー同士のコーディネートなども行っています。

京都府のエリアに応じて
プロボノコーディネーターがフォローします!

京都府下のNPOや団体をしっかりフォローできるように、
北部から南部まで各地域にプロボノコーディネーター(中間支援団体)があります。 各地域の人材(プロボノ)と、その地域の活動団体・NPOとをつなぐことを基本としていますが、
時には、コーディネーターのネットワークを活用することで、
北部のプロボノを南部のNPOへ、または南部のプロボノを北部へ、
そして京都市内のプロボノを過疎地域へコーディネートすることも検討しています。

各エリアのプロボノコーディネーター事務局の紹介

  pc-map201610
主なエリア南丹市
NPO法人テダス
主なエリア亀岡市
NPO法人みんなのネットワーク
主なエリア城陽市
おりなす.キャンプ.城陽